コーヒーも植物だったと再確認。芝川ビル「Mole&Hosoi coffee(モール&ホソイコーヒー)」で驚くほど香り高いコーヒーをいただきました。

こんにちは!「本町ブログ」ライターの武内みどりです。

さて秋もどんどん深まり、コーヒーがおいしい季節になってきましたが、先日は「芝川ビル」のカフェでお茶をしてきました。

芝川ビルといえば淀屋橋にあるレトロビル。こちらのビルはおいしいパン屋さんがあったり、

ショコラティエや英国風パブ、ベトナム料理店が入っているのですが、地下にはコーヒー店があります。

この「Mole&Hosoi coffee(モール&ホソイコーヒー)」、有名なお店なのでご存知の方も多いと思うのですが、私は今回初訪問。

今日の記事はそのレポートです!

堂々たる外観の芝川ビル。

建物の入り口には看板があります。

お店は地下1階、この階段を降ります。

重厚な入り口!

ここはビルの金庫室だったそうで、ドアは二重になっています。

店内はカウンターのみ9席。

コーヒーの撮影はOKですが店内の撮影はNGです。

カップも素敵!

コーヒーと、コーヒーのババロアを注文しました。

コーヒーは1つしか写ってませんが、この日は友人と訪問。

私は「芝川sp(中深)」というコーヒー(450円)、友人はニカラグアのコーヒー(700円)を注文しました。

で、ですね。

私の芝川spもおいしかったのですが、シングルオリジンのニカラグアのコーヒーがすごくおいしかった!

花の蜜の香りやみずみずしい葉のにおいが感じられる味。コーヒーの苦さの中に果実の甘みを感じます。

飲むと花の香りが口いっぱいに広がって、「コーヒーって、植物だったんだ!」ということを再確認。

今までいろんなコーヒーを飲んできましたが、こんな味に出合ったことがなくてびっくりでした。めちゃくちゃおいしかったです!

コーヒーババロアもぷるんぷるん!

で、ですね。

お店ではエチオピアやドミニカなど、シングルオリジンのコーヒーがそろっているのですが、驚いたのがゲイシャ・コーヒーという名前のコーヒー。なんとお値段が1,700円でした。

1,700円って!

700円のコーヒーがこれだけおいしかったら、1,700円ってどうよ?と内心思いましたよ。

(ちなみにゲイシャというのはパナマの村の名前で、芸者とは関係ないそうです)

そして友人とおしゃべりしている間に、コーヒーは少しずつ冷めていったのですが、おいしいコーヒーは冷めてもおいしいんですよね。

味わいの変化を楽しみつつ、最後までおいしくいただけました。

訪問したのは土曜日でしたが、さすが人気のお店だけあって、週末のオフィス街でもお客さんは途切れることなく来店。

地下の静かなお店は、ひそひそ話でおしゃべりしたり、一人でほっと一息つくのにぴったりです。

コーヒー好きの人は遠くからでもぜひ足を運んでほしいお店。

気になる人は、ぜひ行ってみてくださいね!

店舗情報

◎Mole&Hosoi coffee(モール&ホソイコーヒー)

・住所:大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビル B1F

・営業時間:

火〜金曜 11:30頃〜22:00(21:00 L.O)

土・日曜 10:00頃〜19:00(18:00 L.O)

祝日 12:00頃〜19:00(18:00 L.O)

・定休日:月曜

・ホームページ:http://mole-and-hosoicoffees.com/

ということで、今日の記事は以上です。
行かれた方はぜひInstagramやFacebookなどでコメントくださいね!
「本町ブログ」に載せてほしい情報も募集中!大阪本町・船場界隈で見つけた情報をシェアするグループや情報提供フォーム、インスタのDMなどでお送りください!
ここまで読んでいただきありがとうございました!

本町ブログとは

「本町ブログ」は、本町・船場近辺の「いま」の情報を発信しているブログです!本町にある「株式会社Kaeru」が運営しています。

突如はじまったテレワークライフ #ウチ活

コロナ禍で突如テレワークがはじまったKaeru社のスタッフのしっちゃかめっちゃかおうちライフブログをはじめました!#ウチ活 〜テレワークことはじめ〜

https://uchi.osakan.net/

SNSフォローしてね

本町・船場界隈で見つけた情報を投稿してください!

Facebookの誰でも入れる公開グループです!
ぜひ気軽に入って、本町・船場周辺で見つけた情報を投稿してください!
「大阪本町・船場界隈で見つけた情報をシェアするグループ」>>

この記事を書いた人

みどり

みどり