ゴマとナッツの風味が香ばしい!ピリ辛でクリーミーな「喜界島担々麺 香 北の浜部屋」の担々麺は男性にも女性にもおすすめ!

こんにちは!「本町ブログ」ライターの武内みどりです。

さて、今月は麺類の記事が続いていますが、今回ご紹介したいのは担々麺。

姉妹メディア、船場経済新聞でも取り上げた「喜界島担々麺 香 北の浜部屋」のレポートです!

(関連記事)
◎「大阪・北浜「喜界島担々麺 香 北の浜部屋」移転オープン 物販にも注力」
https://semba.keizai.biz/headline/1375/

店内の様子はこんな感じ。

男性ばかり…!

ちなみに店主は元力士、千代の富士の九重部屋出身だそうです。

麺のメニューはこちら。

店の名前にある喜界島(きかいじま)とは、鹿児島県の奄美列島にある島。

黒糖やゴマの産地で、ここのゴマは日本で売っている99%以上を占める輸入品のゴマと比べ、香りも栄養価も格段に高いとか。

その希少なゴマを100%使った「喜界島担々麺」は1,500円。

私は「喜界島担々麺 ブレンド」1,000円をチョイス。

じゃん!

肉味噌てんこ盛り!

ラー油の鮮やかな赤とニラの緑が美しい!

味噌をくずして麺リフト!

とろみのあるスープはまろやかな辛さ。
カシューナッツなどのナッツ類とゴマの風味が香ばしい!

底にはざく切りキャベツが沈んでいて、野菜の甘みとラー油のピリ辛がとてもよく合います。

そしてランチタイムは、担々麺を注文した人は麦ご飯がセルフで食べ放題。
サービスに自家製「食べるラー油」も出してくれます。

おなかいっぱいになったので食べるラー油までは試せなかったのですが、こちらは店内で販売もしています。

前の店では、テレビや雑誌にもよく取り上げられたという「喜界島担々麺 香 北の浜部屋」。
辛さはマイルドですが、辛さとシビレは増減が可能なので、辛いもの好きな人はぜひ辛さマシマシでどうぞ!

みどり

クリーミーなスープは女性が好きそうだし、お代わりフリーの麦ご飯は、たくさん食べたい男性に喜ばれるサービス!
男女混成グループでランチにGOだ!

ということで今日の記事は以上です。
行かれた方はぜひInstagramFacebookなどでコメントくださいね!
「本町ブログ」に載せてほしい情報も募集中!大阪本町・船場界隈で見つけた情報をシェアするグループ情報提供フォーム、インスタのDMなどでお送りください!
ここまで読んでいただきありがとうございました!

本町ブログとは

「本町ブログ」は、本町・船場近辺の「いま」の情報を発信しているブログです!本町にある「株式会社Kaeru」が運営しています。

突如はじまったテレワークライフ #ウチ活

コロナ禍で突如テレワークがはじまったKaeru社のスタッフのしっちゃかめっちゃかおうちライフブログをはじめました!#ウチ活 〜テレワークことはじめ〜

https://uchi.osakan.net/

SNSフォローしてね

本町・船場界隈で見つけた情報を投稿してください!

Facebookの誰でも入れる公開グループです!
ぜひ気軽に入って、本町・船場周辺で見つけた情報を投稿してください!
「大阪本町・船場界隈で見つけた情報をシェアするグループ」>>

この記事を書いた人

みどり

みどり